なぜ葉酸サプリは妊娠中に必要か?|葉酸サプリ徹底比較ガイド

なぜ葉酸サプリは妊娠中に必要か?

妊娠中は葉酸サプリを摂取するようにと、2010年から厚生労働省が推奨しています。なぜ葉酸サプリが妊娠中に必要なのでしょうか?

葉酸は胎児を妊婦をサポートする栄養素

葉酸は妊娠前から授乳時期まで、お腹の胎児や妊婦を病気や栄養不足などさまざまな障害から守ってくれる重要な栄養素なのです。具体的にどんな効果があるのでしょうか?まず妊娠前から葉酸を摂取することが勧められています。妊娠が分かったときにはすでに葉酸を摂取している状態が望ましいのです。ですから、妊娠を考えている方や、妊活中の方は摂取するようにしましょう。なぜなら、妊娠しやすくなるとも言われているからです。そして、妊娠初期は、最も葉酸を胎児が必要としている時期です。3カ月目くらいまで、胎児は細胞を繰り返していますが、その際、先天異常である無脳症や二分脊椎などのリスクを低めることができるのです。そして、3カ月以降は、造血効果により、胎児の栄養不足を予防することができます。また、妊婦には、葉酸不足による貧血から守ってくれるのです。さらに、葉酸を摂取することにより、氷食症やむずむず脚症候群など鉄分不足が引き起こす症状も予防することができます。

授乳期と葉酸

授乳期はどうでしょうか?栄養素のある母乳を作るためには血液が必要となります。葉酸は健康な血液をつくりだし、それは母乳づくりに貢献します。健康な母乳を飲むことができる赤ちゃんは元気に健やかに育つことができます。そのように、母乳を通して赤ちゃんに必要な栄養素を送ることにより、赤ちゃんの発達障害のリスクを軽減させることができるのです。

妊娠中は多めの葉酸が必要!

通常なら、食事で摂取することができる葉酸ですが、妊娠中は通常時の1.5倍の量(1日400μg)が必要になります。ですから、食事だけではその量を賄うことができないのです。そのため、葉酸サプリを飲むように!と厚生労働省も推奨しているのです。また、母子手帳にもその旨が記載されています。妊娠中は特に意識をしていないと、葉酸不足になりかねません。特に、食材に含まれている葉酸は安全ですが、調理をするなど火にかけると、その栄養素が壊れてしまう性質があります。また葉酸は水溶性ビタミンですので、水に溶けやすいという性質ももっています。ですから、食材から葉酸を摂取することはとても難しいことなのです。ですから、食材以外からも、葉酸サプリメントで摂取するようにしましょう。

まとめ

葉酸は妊娠を考えている方から授乳をしている方に必要な栄養素です。是非、決められている推奨量を毎日摂取して、胎児と母体を守っていきましょう。


案件紹介

コラム記事