葉酸サプリの効果とは?|葉酸サプリ徹底比較ガイド

葉酸サプリの効果とは?

葉酸は、体に必要な栄養素です。特に妊娠を考えている女性や妊婦さんに良いと言われていますが、具体的にどんな効果があるのでしょうか?

胎児の先天性異常などの予防と貧血を予防する効果

葉酸には、胎児や妊婦の細胞の生産や再生をサポートする働きがあり、身体の発育には欠かせない栄養素です。その中でも、正常な細胞分裂を行うという重要な役割が葉酸にはあります。それにより、胎児の先天性異常の一種とされる無脳症や口蓋裂、先天性心疾患、二分脊椎、ダウン症などの予防に効果があります。また、妊娠前から葉酸を摂取しているなら、胎児が神経管閉鎖障害(歩行や排尿などの障害を持つことや、死産)になる発症リスクをかなり減少させる効果もあります。

又、元々ビタミンBの一種である葉酸は、ビタミンB12と一緒に摂取することによりその働きがより活発になります。赤血球の生成が増えるので、貧血や立ちくらみなど予防してくれます。また、授乳中は、母乳を作る際に血液を多く必要とします。葉酸は血を作る役割もありますので、授乳期にも摂取すべき必要な栄養素なのです。

つわり軽減と子供の自閉症のリスク低下効果

葉酸は、脳神経に関与して気持ちをリラックスさせることもできます。精神的に安定することができるので、自律神経を整えることができ、つわりを軽減させることもできるのです。又、妊娠開始4週間前から妊娠後8週までに葉酸を摂取した女性から生まれた子どもは、自閉性障害になるリスクが低いという研究報告が寄せられています。妊娠が分かった時点葉酸を摂り始めるのは遅く、妊娠する前から摂取する必要があります。

免疫力を高める効果と産後の子宮回復の促進

妊娠をすると免疫力が低下すると言われています。その中でも細胞性免疫が低下します。そうなると、病気にかかりやすく、お腹の胎児にも影響を及ぼします。しかし、葉酸を摂取するなら病気を体から守るために粘膜や免疫細胞をつくってくれるので免疫力の向上につながります。又、出産をすることにより、子宮は大きなダメージを受けますが、細胞分裂により少しづつ回復していきます。葉酸は細胞分裂の促進を促す働きがあるので、回復もはやくなります。

まとめ

葉酸はさまざまな効果をもたらしてくれます。特に妊娠中は普段よりも多くの葉酸を必要としますので、サプリメントで補うようにしましょう。

案件紹介

コラム記事